新婦はついに新郎の母親と対面し、「結婚式を止めろ!」と叫ぶ。

805

結婚式当日、バーバラの胸が高鳴ったのは、最愛の人であるラリーとの結婚に疑問を抱いたからではなく、謎に包まれていた彼の母親との出会いが間近に迫っていたからだった。ラリーは母親についての質問をいつもはぐらかしたが、バーバラは好奇心を抱いていた。彼女は母親に会うのを楽しみにしていたが、ラリーの消極的な態度が彼女を困惑させた。

結婚式の日が明けると、バーバラはもう避けられないことから逃れられなくなった。この出会いは、式そのもの以外に、彼女にとって計り知れない意味をもっていた。ラリーの母親と対面する瞬間を待ちながら、彼女は期待に胸を躍らせていた。しかし、ラリーが母親を二人の関係から遠ざけている正当な理由があることを彼女は知らなかった…。

 

バーバラの最大の望み

pinterest.com

バーバラは、ボーイフレンドのラリーが2年近く付き合った末にプロポーズしたとき、有頂天になった。彼と一緒になりたいという生涯の夢が実現することになり、彼女は大きな喜びに満たされた。プロポーズ以来、彼女は幸福感に包まれ、二人の将来を心待ちにしていた。

ラリーとの将来を思い描いてはいたが、現実は彼女を少し圧倒した。人生の新たな局面への興奮と、未知への不安が入り混じっていた。それでも彼女は、ラリーと永遠に結ばれる覚悟を決めた。幸せな気持ちとは裏腹に、残る疑問が彼女の思考を支配していた。

1 of 46