農家がすべてを変える発見をする

1301

この物語は、夏の終わりに農作業をしていた農夫ジャックの物語である。ジャックは妻のボニーと娘のジゼルとメアリーを伴い、トウモロコシ畑で謎めいた卵が誕生しているのを偶然発見したのだ。この夏の啓示のわずか1週間前まで活気に満ちていたトウモロコシ畑は、劇的な変化を遂げ、荒涼とした静寂に包まれ、かつてはトウモロコシで繁茂していた生気のない茎から、大きめの白い卵が顔を出していた。

当初、家族は予期せぬ発見に怯えた。しかし、謎が解き明かされるにつれ、卵は当初の認識以上のものであることが明らかになった。

1.単純な男

freeimages.com

ジャックは控えめな性格で、自分の農場で働き、周囲の森を背景に土を耕し、ささやかな田舎の住まいで娘たちや妻と時間を共有することに生涯を捧げた。勤勉で知られるジャックは、農作物と家畜の世話を丹念に行うことに大きな誇りを持っていた。ジャックは毎日、朝から仕事を始め、昼食のときだけ休憩し、夕食でその日を終えるという規則正しいスケジュールを守っていた。しかし、卵が生まれた日、彼の人生は取り返しのつかない変化を遂げることになる。

1 of 98