クマがランナーから注目を集めようとする。

226
Shutterstock / Julia Belova

マリッサがいつものようにジョギングをしていると、思いがけない展開が彼女の孤独を打ち砕いた。なんと、手ごわいツキノワグマがトレイルの外周に現れ、彼女を見つめたのだ。

彼女の怯えを察知した野生の生き物は、優雅に大地に近づいた。マリッサは最初の恐怖とは裏腹に、言い知れぬ衝動に駆られ、クマが踏み固められた道からそそくさと立ち去るのを影で見守った。断続的な間隔で、クマは彼女の存在を予期していたかのように振り返った。

マリッサは、クマの後を追うというこの決断が、とんでもない発見をもたらすことになるとは、少しも予想していなかった…。見慣れた小道の向こうには、秘密の隠れ家や自然の隠された一面が待っているのかもしれない。さらに奥へと進むにつれ、大自然の謎が解き明かされ、思いがけない魅惑的な旅が待っていた。

 

彼女は逃げなかった

1698326700_35f1d124d453ff5c41adbe199f9dd60c95469365.png
freeimages.com

「森の奥深くまで見慣れぬクマを引きずっていくことを、私は本当に考えているのだろうか」彼女は自問し、目の前のクマを見つめた。逃げ出したい衝動に駆られたが、不思議な力が彼女を引き留めた。クマは野生の生き物として、彼女の存在に動じる様子もなく佇んでいた。この重要な瞬間、マリッサは恐怖と好奇心の交差点に立っていることに気づいた。未知の世界への一歩一歩が、不安と発見の魅惑が入り混じった独特の世界をもたらすのだ。いつもと違う選択に逡巡していると、葉のざわめきが森の中に隠された驚異を暗示した。無言のガイドであるクマは、まだ明かされていない秘密が隠された荒野を探検するよう彼女を手招きした。

1 of 65