奇妙な鼻のために獣医に連れてこられた猫 – 獣医は、より詳細に見ているときにこれを発見した。

98
1700097887_df2e592f8a0358367b06e144dc22cf0dcbc04dbe.jpg
Youtube
freeimages.com

仕事から帰ってきたミアは、玄関で愛猫のバブルスが迎えてくれるのを期待していた。しかし、今日はいつもと違っていた。
ミアは家の中を探し回り、バブルスを呼ぶ声を増幅させながら不安を募らせた。やがて捜索は実を結び、ミアはバブルスを腕に抱いたとき、衝撃を受けた。
バブルスの鼻は著しく肥大し、ミアはパニックに陥った。ミアは急いでバブルスを動物病院に連れて行った。

獣医はバブルスの腫れた鼻を入念に調べ、やがて興味深い事実を発見した。

 

バブルスに何が起こったのか?

Shutterstock.com/Alena Ozerova
freepik.com

バブルスの鼻が風船のように膨らみ、ハチやスズメバチに刺された後遺症のようになっていたのだ。蜂かスズメバチに刺された後のようだった。

ミアは戸惑いながらも、この不可解な状況に頭を悩ませた。バブルスは一日中室内で過ごしていたし、冬の季節を考えると、威嚇するような昆虫がいることはありえないように思えた。鼻の腫れの謎はさらに深まり、ミアはすでに動揺していた。

状況を理解し、対処することを急ぐあまり、ミアは素早くバブルスを集め、獣医のオフィスへと急いだ。ミアは、安全な家の中で繰り広げられた不可解なパズルの答えを探し求めながら、獣医師への道のりは不安と好奇心が入り混じったものとなった。

1 of 59