かつて女性と結婚した有名なゲイたち

196

ハリウッドの黄金時代には、人と違うことを公言することは容認されないと考えられていたため、ゲイのセレブリティには多くの社会的プレッシャーがあった。公の場では入念に作り上げられ、華やかに演出された彼らのイメージは、ゲイ・セレブリティが意識的に同意した見せかけのものに過ぎないことが多かった。
当時は有名人崇拝も強く、セックス・シンボルは世界中の何百万人もの注目を浴びていたが、キャリアを危うくする可能性があったため、この理想には、本当の自分らしさや感情をオープンに受け入れる余地はなかった。その結果、巧みなマネージメントに導かれ、多くの偽装結婚が生み出され、当人たちは経済的な幸福が「幸せなイエス」の陰に隠れていることに気づいていた。同性に惹かれていたことに後になって気づく者もいれば、名声のために完全な偽装の人生を歩み、最終的にその秘密を墓場まで持っていく者もいた。

ロック・ハドソン

freeimages.com

当時名優だったロック・ハドソンは1954年、当時秘書として働いていたフィリス・ゲイツと出会った。その後まもなく1955年に結婚し、1958年まで連れ添った。同僚の多くはハドソンが同性愛者であると信じていたが、彼が公式にこの疑惑を認めることはなかった。彼は1985年にエイズとその合併症で60歳で亡くなったが、結局は性的指向を秘密にしていた。

1 of 16