犬の散歩をしていると主張する男だが、何かがおかしい

63

ジェイクは5匹のジャーマン・シェパードの飼い主で、毎日何度も散歩に連れて行っているのが自慢だった。犬の散歩は特に珍しいことではないが、ジェイクには近所の人たちを困惑させるような、はっきりしない性質があった。

彼が何か普通でないことを企んでいることに人々が気づくのにそう時間はかからなかった。特にある隣人は、何かがおかしいと不安を感じていた。ジェイクの後を追うことにしたこの隣人は、すぐに信じられない思いで立ちすくんだ。彼らは目を疑った…。

 

犬の散歩

freeimages.com

ジェイクが5匹のジャーマン・シェパードを散歩させているのは近所ではよく見かける光景で、1日3~4回の散歩を日課としていた。

朝は15分ほど、夕方は20分ほど歩いた。不思議なのは、彼は同じ道を2度通ることはなく、毎回違う道を選んでいたことだ。

1 of 69