母と息子(12)がサファリに姿を消し、10年後に息子が祖父母の家に突然現れる

25700

10年前、サファリ探検中の女性とその子供が行方不明になるという不可解な事件が発生し、国際社会は魅了された。

大がかりな捜索にもかかわらず証拠は見つからず、事件は不可解な謎のままだった。しかし、22歳になった息子が祖父母の家に突然姿を現したことで、平穏な地域社会は大きく動揺した。

 

パーフェクトなバケーション

shutterstock.com

ソニヤと息子のジェレミーは、南アフリカで夢の休暇を過ごしていた。旅行が始まって1週間、彼らはすべての瞬間を満喫していた。

彼らの冒険には、いくつかのサファリと、滞在先から近い自然公園への訪問が含まれていた。あと2週間も探検が続くのだから、この休暇の熱意を冷ますものは何もないと彼らは確信していた。

1 of 64