病気の妻を残して愛人と暮らす男 – 相続のために戻ってきたとき、こんなことが起こった

645
Unknown image

モニカの健康状態が悪化するにつれ、ビルは忠実に彼女のそばに寄り添い、彼女が決して孤独を味わうことのないよう、揺るぎないケアを提供した。しかし、モニカの病状が改善することなく悪化するにつれ、ある変化が起こった。ビルが他の女性と交際しているという衝撃的な事実が、モニカの姉から告げられたのだ。ビルは別の女性と関係を持っていたのだ。この暴露を受けて、ビルはモニカの前から姿を消した。彼女が知らないうちに、彼には彼女の死後、最後の目的があった。

余命数カ月

Unknown image
unsplash.com

モニカがホスピスで余命わずかと知ったとき、ビルは不思議と悲しみがなく、間近に迫った相続のことだけで頭がいっぱいだった。エマと交際を始めてから長らく疎遠になっていたにもかかわらず、ビルはモニカと法的に結ばれたままだった。モニカの健康状態が悪化するにつれ、彼の遺産相続への執着は強まり、感情移入は影を潜めた。彼の人間関係の力学が展開し、思いやりを無視した計算高い考え方が明らかになった。感情的な混乱の中、ビルとエマの間には緊張が高まり、エマは彼の相反する忠誠心を知った。モニカを間近に失ったことが、予期せぬ出来事のきっかけとなり、愛と人間の複雑な本性が解きほぐされていく。

1 of 65