誤って海に落ちた犬を救助するイルカ。その後、信じられないことが・・・

465

水に向かって走る

shutterstock.com/Iakov Kalinin
pinterest.com

ジムはバスタオルを脱ぎ捨て、広々とした海に向かって疾走した。イルカが彼の接近を受け入れるかどうか不安は残ったが、ジムは取り残された犬が安全な岸辺にたどり着くには、どうしても助けが必要だとわかっていた。しかしジムは、取り残された犬が海岸の安全な場所に辿り着くためには、援助がどうしても必要なのだとわかっていた。彼が身を浸していると、イルカの態度に微妙な変化が現れた。水面は決意と怯えで波打ち、彼らの予期せぬ同盟の謎を増幅させた。波の中、ジムは新たな責任感に駆られながら、この奇妙な交友関係の起源について思いを巡らせた。犬とイルカの間に広がる絆は、解き明かされるのを待っている魅惑的な物語をささやいた。

2 of 65