92歳の乗客はビジネスクラスを拒否されたが、客室乗務員はパスポートを見て唖然とした

20940

娘からビジネスクラスの航空券をサプライズで贈られたとき、コーラの喜びはひとしおだった。いつもは飛行機に乗ることに少し不安を感じていたコーラだったが、この心のこもった贈り物は、より快適で楽しい体験を約束してくれた。しかし、その旅はやがて思いもよらない展開を見せ、彼女に深い印象を残すことになる。

飛行機が乗客でいっぱいになりはじめたとき、コーラは衝撃的な不信感を覚えた。厳しい顔つきの客室乗務員が彼女の席に近づき、雰囲気が急に緊張した。係員は礼儀正しくも、コーラにビジネスクラス席から去るよう強く求めた。この出来事は彼女の旅に影を落とし、フライトが終わった後もずっと後悔の念が残った。

彼女に去るように言う

pexels.com

客室乗務員の要求に対するコーラの最初の反応は、混乱と不信だった。彼女は顔を上げ、ショックと困惑が入り混じった表情を浮かべた。最初は聞き間違いかと思ったが、その言葉が繰り返されると、紛れもなく明確になった。係員の口調は固く、揺るぎなかった。

さらにコーラを困惑させたのは、アテンダントが彼女の搭乗券をチェックしたり、座席指定を確認したりすることに無関心だったことだ。彼女がビジネスクラスにいることだけが、この突然の要求の理由だったようだ。この予想外の困惑した状況に、コーラは唖然とするだけでなく、この後どうなるのだろうとますます不安になった。

1 of 34